業者に依頼する

名刺を作るならば業者に依頼することをおすすめします。大量に印刷することにも対応してくれます。デザインのテンプレートを用意してくれたり、デザインを一から頼むこともできます。質の高い紙を用いてしっかりと印刷してくれるでしょう。ビジネスで使うものは質の良いものを利用するべきです。そのためにも業者を積極的に活用しましょう。

見積り業者に依頼する際には事前に見積りをもらっておきましょう。予算の範囲内におさまるようにしましょう。いろいろな業者が存在しているため、複数の業者から見積りをもらっておくと良いでしょう。できるだけ安くて質の高いサービスを提供しているい業者を選びましょう。

もしテンプレートを利用したいならば、どのようなものを準備しているのかサイトで確認しておきましょう。イメージ通りの名刺を作成できそうな業者を選んでください。自分でデザインしたものを利用したいならば、データを入稿する際の注意点もチェックしてください。業者ごとにルールを定めていることがあるからです。

以上の点に注意をしながら業者を選んで名刺を作ってもらいましょう。一度にたくさん作ってもらう方が単価が安くなるためおすすめです。業者選びには注意してください。

関連サイト⇒https://www.designmeishi.net/product/?cset=business
ビジネス名刺も作成している“デザイン名刺.net”です。

名刺に書くこと

名刺名刺を作るならば、まずどのような情報を記載するのか考えましょう。氏名は絶対に必要です。その際には読みにくい漢字が使われているならば、ふりがなをふっておきましょう。これによって間違えを防ぐことができます。名刺を受け取る方に対しても親切になるため、イメージが良くなるでしょう。法人名や会社名もきちんと掲載しておきましょう。その際には正式名称を記載してください。また、会社のロゴがあるならば、それを入れておきましょう。これによってひと目で見分けることができるようになります。名刺を受け取った方が整理をしやすくなるでしょう。

もし大きな会社に在籍していて、複数の部署が存在しているならば部署名や課まできちんと記載しておくと良いでしょう。また、役職や肩書きがあるならば、これらも記載しておきましょう。その際には横書きでは氏名の左上、また、縦書きの場合は氏名の右上に表記してください。特にビジネスの場においては決定権の有無を判断することができるため、役職や肩書きは重要です。

住所もきちんと記載しておきましょう。これで郵送物を送ってもらうことができます。電話番号も記載しましょう。その際には会社代表の番号や個人の番号も記載しておくと良いでしょう。他にも必要な情報はしっかりと含めておきましょう。

名刺のデザイン

デザイン名刺作りではデザインがとても重要となります。まず横書きと縦書きのどちらにするのかを選ぶ必要があります。基本的には横書きが主流となっています。これはメールアドレスやURLを記載することが多くなっているからです。アルファベットが含まれるならば、横書きの方が読みやすくなります。

文字のフォントサイズは5.5pt以上にしておきましょう。たくさんの情報を記載するために文字を小さくするケースもあるのですが、それでは読みにくくなってしまいます。名刺を受け取った人の気持ちをきちんと考えておくべきでしょう。印象が悪くなってしまいます。また、書体についても工夫しましょう。基本的には明朝体かゴシック体を用います。ただし、英数字については欧文書体を用います。

レイアウトについても考えておきましよう。これは感覚的なものであり、印象の良いものにしましょう。全体のバランスを考えることが大切です。読みやすさを重視しましょう。特に住所は長くなりやすいため、区切りの良いところで改行すると読みやすくなります。

文字間についても可読性を重視しましょう。たとえばURLについては程度に文字間をあけることによって読みやすくなります。また、全体のバランスを良くするために文字揃えをしておくと良いでしょう。続いては、名刺に書くことについて説明します。

ビジネス名刺の作成

ビジネスで頻繁に使うことになるのが名刺です。初めての相手と会った際にはとりあえず名刺を交換することになります。名刺にはさまざまな情報が含まれています。それを保管しておくだけで、いろいろな人の情報を管理することができるのです。その人の名前や連絡先、会社名、所属部署といった情報が書かれています。昔からビジネスで使われてきたものであり、今でも現役で利用されているのが名刺です。

電子データ確かに最近は名刺アプリというものが登場しており、従来の名刺の必要性が疑問視されています。名刺をもらったとしても、その情報を電子データとして取り込んで管理することが増えています。それでも紙の名刺の価値というのは未だに存在しているのです。電子データでは万が一データが失われてしまうリスクがあります。また、名刺というのはサイズが小さいものであり、それを保管しておいたとしてもあまりスペースが必要ありません。未だに紙の名刺にこだわっている方もたくさんいます。取引先が紙の名刺を使っているならば、こちらも紙の名刺を用意する必要があるでしょう。

そんなビジネスで活用する名刺を自分で作っている方はたくさんいます。それでは実際に名刺を作る際にはどのような点に注意をすれば良いのでしょうか。これまで名刺を作ったことがないという方もいるでしょう。そのような方にも分かりやすく名刺の作り方について解説しましょう。これからビジネス名刺を作りたいという方はぜひとも参考にしてください。