名刺に書くこと

名刺名刺を作るならば、まずどのような情報を記載するのか考えましょう。氏名は絶対に必要です。その際には読みにくい漢字が使われているならば、ふりがなをふっておきましょう。これによって間違えを防ぐことができます。名刺を受け取る方に対しても親切になるため、イメージが良くなるでしょう。法人名や会社名もきちんと掲載しておきましょう。その際には正式名称を記載してください。また、会社のロゴがあるならば、それを入れておきましょう。これによってひと目で見分けることができるようになります。名刺を受け取った方が整理をしやすくなるでしょう。

もし大きな会社に在籍していて、複数の部署が存在しているならば部署名や課まできちんと記載しておくと良いでしょう。また、役職や肩書きがあるならば、これらも記載しておきましょう。その際には横書きでは氏名の左上、また、縦書きの場合は氏名の右上に表記してください。特にビジネスの場においては決定権の有無を判断することができるため、役職や肩書きは重要です。

住所もきちんと記載しておきましょう。これで郵送物を送ってもらうことができます。電話番号も記載しましょう。その際には会社代表の番号や個人の番号も記載しておくと良いでしょう。他にも必要な情報はしっかりと含めておきましょう。