名刺のデザイン


名刺作りではデザインがとても重要となります。まず横書きと縦書きのどちらにするのかを選ぶ必要があります。基本的には横書きが主流となっています。これはメールアドレスやURLを記載することが多くなっているからです。

アルファベットが含まれるならば、横書きの方が読みやすくなります。文字のフォントサイズは5.5pt以上にしておきましょう。たくさんの情報を記載するために文字を小さくするケースもあるのですが、それでは読みにくくなってしまいます。

名刺を受け取った人の気持ちをきちんと考えておくべきでしょう。

印象が悪くなってしまいます。

また、書体についても工夫しましょう。基本的には明朝体かゴシック体を用います。ただし、英数字については欧文書体を用います。レイアウトについても考えておきましよう。これは感覚的なものであり、印象の良いものにしましょう。

全体のバランスを考えることが大切です。読みやすさを重視しましょう。特に住所は長くなりやすいため、区切りの良いところで改行すると読みやすくなります。文字間についても可読性を重視しましょう。たとえばURLについては程度に文字間をあけることによって読みやすくなります。

また、全体のバランスを良くするために文字揃えをしておくと良いでしょう。続いては、名刺に書くことについて説明します。

『業者に依頼する』